Aster Work | ホームページ制作・WEBデザイン・LP 和歌山

XDが使えなくなる可能性があるから調べてみました

僕たちWEBデザイナーがホームページのデザインを作成するときに、絶対必要なUIデザインツールがあります。

  • Adobe XD
  • Figma
  • Sketch
  • Adobe illustrator
  • Adobe Photoshop

多くの人はこれらのUIデザインツールを使用して、WEBデザインを作成しています。
ひと昔前はillustratorとPhotoshopを使っている人が圧倒的に多かったのですが、
現在ではAdobe XD、Figma、skecthが多数派です。

世界のUIツール使用分布

出典:UI Design Tool Growth
日本ではAdobe XDが多数派ですが、世界的にはFigmaがぶっちぎってます。
しかし、AdobeがFigmaを200億ドルで(約2兆8,700億円)買収したことにより、「XDなくなるんちゃう?」という声が上がってきました。
買収額もどえらい金額です。この金額を払ってでも買収したいというAdobeの本気が見えます。

Adobe XDはなくなるのか?

Aster WorkではWEBデザインを作成するときにAdobe XDを使用しています。
「XDがなくなったらえらいこっちゃやで!!」
と一人慌てているのが筆者の中畑です。
Adobe XDがなくなるのか調べないと仕事もままならないので調べてみました。

Adobe XDはなくなると言われている2つの理由

  1. Adobe製品一覧からXDが消えた
  2. Adobeのアナウンス

AdobeがFigmaを買収すると発表したのが2022年9月。
2023年2月にAdobe製品一覧からXDが消えていることを確認しました。
製品一覧から消えたことにより、XD単体では契約できません。
Adobe CC(アドビコンプリートプラン)を契約すれば、XDを使用することはできます。
「Adobeの製品一覧にXDがないんやから、そりゃなくなるやろ」
と僕は思いました。これがXDがなくなると言われている最大の理由です。

さらに調べると、Adobeはこのようにアナウンスしました。
「Adobe XDについてはメンテナンスモードとすることを決定いたしました」
「現在Adobe XDをご利用のお客様のサポートは今まで通り継続してまいります」
出典:Yahoo!ニュース

メンテンナンスモードに入る=積極的なアップデートを行わない。
ということなので、新たな機能が登場したり、さらに便利になることはほぼないでしょう。
からくりサーカスの才賀勝は「進化の反対の言葉は無変化。」と言っていい
和歌山の偉人パナソニックの創始者松下幸之助は「現状維持は後退の始まり」と言っています。
僕の中では「XD・・・今まで本当にありがとうやで・・・」という気持ちになってます。

Adobe XD以外のUIデザインツールの選択肢

WEBデザイナーにとってUIツールは必須アイテムです。
XDが本当になくなるとしたら、次は何を使えば良いのか?
回答は人それぞれですが、Aster WorkではFigmaを使っていくことを検討しています。

  1. UIツール世界最大のシェアを誇るため、使えなくなる可能性が低いこと。
  2. Adobeが買収したこと。
  3. Adobe CCに追加されるかもしれない

この3つがFigmaの利用を検討している理由です。
Figmaを一から学習する必要はありますが、それはどのツールを選んでも同じことです。
それなら、もっともサービス終了しにくいツールを勉強したいと考えました。
できればXDになくなってほしくはありませんが、こればっかりはどうすることもできません。

何となくXDに後ろ髪を引かれ、Figmaの勉強に乗り気になれないこの頃です。
どうせだったらFigmaの有料プランをAdobe CCに追加してくれよぉぉぉぉぉぉ!
という心の叫びで締めたいと思います。

作成: 

ホームページに関するお問い合わせ・ご相談は
お問い合わせフォームまたはお電話から、
気軽にご相談ください。

訪問対応エリア

※和歌山県全域と大阪府・奈良県の一部地域

和歌山市・岩出市・紀の川市・かつらぎ町・九度山町・高野町・橋本市・海南市・紀美野町・有田市・湯浅町・広川町・有田川町・御坊市・美浜町・日高町・由良町・印南町・みなべ町・日高川町・田辺市・・白浜町・上富田町・すさみ町・太地町・那智勝浦町・串本町・古座川町・新宮市・北山村
泉大津市・和泉市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市・忠岡町・田尻町・岬町・奈良五條市・御所市

お問い合わせはこちら

PAGE TOP